Case Study

伸縮掛桿廣告都可以好有型!「突っ張り棒」の社長が『ツッパリ嬢』に(中・日)

Posted on

伸縮掛桿製造商「平安伸銅工業」在調查後發現大約九成日本人搞錯了伸縮掛桿的使用方法。對此,第三代社長表示十分生氣,暴怒之下便化身成為「伸縮大家姐」,本人親自上陣發行了一系列正確使用方法指南的個性宣傳海報,決心好好教育大家!海報一出,立即在網絡上引起掀然大波,網友們紛紛盛讚 “太有才了”、“非常有用又搞笑”、“社長大人好帥氣” 等等。 「約9割の日本人が間違った突っ張り棒の使い方をしている」という調査結果に、突っ張り棒製造メーカー「平安伸銅工業」の三代目社長が、ブチギレた!怒りのあまり「ツッパリ嬢」に変身して、正しい使い方を指南する「ツッパリの掟」ポスターをシリーズで発表しました!すぐにネットで話題になり、「思い当たるフシがありすぎ・・・」、「うまい、ウケる」、「役に立つだけでなく面白さもある」と絶賛の嵐。 那麽就簡單給大家介紹一下海報「伸縮掛桿九式」的內容吧。 では、早速、社長が繰り出した九つの掟について簡単に紹介します。 【第一式】要好好挑選伸縮掛桿的對象! 要選擇平坦光華的牆壁。 【其の一】ツッパル相手は選びな。 うまく取り付けるためには、凹凸のない壁を選ぶべし。 【第二式】給我撐到極限! 要將固定長度的螺絲轉緊到不能再轉為止。 【其の二】限界までシメろ! ジャッキ式のツッパリ棒は締められる限界まで締めるべし。長さ固定のネジが見えなくなるまで! 【第三式】我來教教誰才是老大(哪邊才是上邊)! 突出來短的部分向上,長的部分向下。 【其の三】どっちが上か教えてやろうか。 ツッパリ棒の上下を確認すべし。出っ張りが短い部分を上にするのが正解なり。 【第四式】給我壓下去! 彈簧型的伸縮桿要先拉長些,再押進去,這樣耐重度更高! 【其の四】押忍 バネ式のツッパリ棒は長めに引き出し、押し込みながら取り付けるべし。 【第五式】別歪!給我放平! 要於地面平行。 【其の五】ななめんなよ。 床と平行に取り付けるべし。 【第六式】伸縮桿在意外發生的情況下也靠得住! 可以作為防災工具,固定家具。 【其の六】ツッパリはいざという時に頼りになるのさ。 防災にもツッパリ棒を活用すべし。ネジ釘いらずで、災害時の被害を軽減してくれる頼れるアイテムだぜ。 【第七式】如果中間夾著其他東西的話,麻煩就大了! 牆壁和伸縮桿之間什麼也不要插入 【其の七】間に何か挟むと厄介なことになるんだよ! 壁とツッパリ棒の間には何も挟むべからず。 【第八式】就是撐不住了才會掉下來不是嗎?! 每隔數月就要檢查一次伸縮桿的穩固程度。 【其の八】ツッパリが足りねーから落ちたじゃねーかよ。 ツッパリ棒の取り付け状態を、数か月に一回確認すべし。 【第九式】我們能承受的重量是不一樣的! 在固定之前要確認清楚伸縮桿的耐重力。 【其の九】背負っているものの重さが違うんだよ。 取り付ける前に規定の耐荷重を確認すべし。 日本七八十年代的電發「不良少女」妝容和打扮,手拿著伸縮掛桿代替打架用的鐵通,擺出一臉瘋狂的表情,實在是令人印象深刻!一直到五月底,這一系列海報將會粘貼在大阪許多家居用品店裡展出,想必路過的顧客們定將會為這搶眼的獨特海報駐足拍照打卡吧! スケバン風のメイクと衣装が印象的で、突っ張り棒を武器に見立てた秀作です!ポスターは五月末まで、大阪市のダイキなんば店などのホームセンターに貼り出す予定です。通りすがりのお客さん達は、この存在感のありすぎたポスターに思わずがん見していました。 這次的宣傳戰略大獲全勝,將看似毫無獨特賣點的平凡商品用視覺的威力變成出眾攝人的畫面,簡單明瞭又不失幽默風趣地將產品信息清楚地傳達了出去!利用social listening事先調查收集資料,明確了顧客的煩惱是什麼、需求在哪裡、如何解決會使顧客開心等等。TYA也一直提倡「戰略性創意」,將目標群體、接觸點、顧客態度行為融合在一起考慮來製作創意營銷,歡迎來找我們諮詢喇! この宣伝戦略は大成功を収めています。SNS上でソーシャルリスニングを行いマイニングをした結果「9割の人がツッパリ棒を間違って使っている」という悲しい使用実態が判明。ユーザーはどんな事に悩んでいて、どんなニーズを持っているのか、どんな解決ができたら嬉しいのか、などを突き止める事ができました。ベタなしゃれを使いながらも思わず見入ってしまうビジュアルとメッセージ。シリーズでユニークなコミュニケーションを作り上げています。伝えるべきことははっきりしている。ユーザーのペインポイントもわかっている。その上で多くの消費者のインスピレーションを掻き立ててくれるクリエイティブ。最高のブレンディングですね。TYAでは『ストラテジッククリエイティブ』を提唱しています。ターゲット、タッチポイント、ユーザーの態度変容といった重要な要素に相まってシナジーを作り出す事ができるクリエイティブをご提案しています。皆様のご相談をお待ちしています。 写真の出典:「平安伸銅工業」 照片來自:「平安伸銅工業」