未分類

インターンだけど、香港IDカードを作ってみた!

日本のパスポートがあれば観光であっても香港に90日滞在できます。それ以上長期滞在するには働く、投資するなどの理由が必要です。長期滞在の資格を充したら、必須の香港IDカード。これがあると病院の手続きや銀行口座開設(*)、香港IDカード保有者用の自動ゲートがイミグレーションで使用可能になるなど非常に便利なカードです。(*難しくなってきているようなので個人でご確認を)

このIDカードは、180日以上の滞在認可を取得した満11歳以上の全ての人に携帯が義務付けられていて、2,3ヶ月しか香港に滞在しないインターンシップ生でもワーキングホリデー等の法的に就労が許可されるビザを持っていれば申請可能です。

日本からTYAに来られるインターン生はワーキングホリデービザの取得が必須なので、今回は私の経験をご通して、便利な香港IDカードの申請から入手までをご紹介します!

 

「必要な持ち物」

 

  • 有効なビザ(*)のあるパスポート(勤労ビザ、ワークングホリデービザ、など)
  • 申請書 もっとも一般的な18歳以上の方のID申請書はこちら

はい。これだけで大丈夫です。

ちなみに18歳以下だったり障害をお持ちの方には違う申請書のページがありますのでこちらを参照してください。予約はこちらから取ることは出来ますが、今回は時間の都合が合わなかったので比較的人が少ないと思われる、営業開始時間の、朝8時45分に香港IDの作れる入境事務所に直接行ってみました。

 

申請、実際に行ってみた。

今回はTYAのオフィスが近い湾仔にある入境事務所に行くことにしました。場所はこちら!

7 Gloucester Rd, Wan Chai
営業時間 8:45-17:00(Mon-Fri) 週末休業
電話(852) 2824 6111 Fax:(852) 2877 7711 Email:enquiry@immd.gov.hk

 

入境事務所は九龍や深水埗にもありますので都合にあった場所を選びましょう!

さて、MTR湾仔駅をA5番の出口から降りると、そのまま移民局に繋がる道に直接出るので、ひたすらまっすぐ直進してください。


(*MTR湾仔駅のA5番の出口)

入境事務所についたら左側に登りエスカレーターがありますので8階まで登りましょう。到着して香港IDを作りたい旨を伝えると予約していない人向けの列に並ぶよう指示されました。

(注)朝8:45分時点でこの並び具合。予約が取れる方はぜひ取りましょう。20分くらいは並びましたかね…。

カウンターで申請書とパスポートを提出するとコピーを取られ、右側の待合室でブースでのインタビューを待つように指示されますので自分の順番が来るまで待ちましょう。

自分は99番でした。さて、今どれくらいの所にいるのでしょうか?

やっと60番まで来たところ、先は長そうですね。

朝9時にも関わらず人でいっぱいな様子。
ようやく自分の番になったのでブースに行きます。
そこでは

「IDカードの申請は初めて?」
「香港でどう過ごす予定?」
「仕事は見つかったか?」

などの簡単な質問を受けます。同時にIDに載せる顔写真も撮影しますので心(あるいはお化粧直し、白黒なので化粧はやや頑張って盛ってもいいかも…)の準備はしておきましょう!撮った写真はPC上で確認でき、頼むと何回か写真の撮り直しもさせてくれます。でもここは担当の人次第かもしれません…。 

写真撮影まで済むと、別のブースに移動するように指示されます。そんなに時間もかかることなく英語で「日本パスポートの○○○○さん!」って物凄く大きな声で呼ばれたので一発で自分だとわかりました(笑)

このブースでも「仕事は見つかったか?」などの同じ質問を聞かれます。一連の申請が承認されると、一時的な紙のIDカードが渡されます。2週間後に本物が発行されるので、取りに行きましょう。

 

2週間後、受け取り。

再び湾仔の入境事務所に向かいます。前回と同じように移民局の8階まで上がって行き、14番のカウンターで一時的な紙のIDとパスポートを提出しましょう。席に座って10分くらい待つように指示れますので、大人しく待ちます。その後10から13番までのいずれかのカウンターに呼び出されます。そこで指紋の再確認と個人情報に記入ミスがないかを確認すると、あっさりIDカードを手渡してくれました。


がっつり個人情報が入っているので個人情報を保護させていただいてますが、こちら正真正銘、受け取った本物の香港IDカードです。

まとめ

香港IDカードがあると深圳に遊びに行く際に、香港住民のゲートでIDカードでの出入国ができて、イミグレのゲートに並んでイライラすることはほぼなくなります。

イミグレをサクサク抜けられると海外旅行へのストレスが50%ほど軽減されて嬉しいですね。また身分証明がしっかりできるので香港での銀行口座開設もできます。(できるはず!*)なので、そちらも楽しみにしています。(*個人で確認してください)

こういった手続きの申請となると小難しく、面倒な手続きで手間がかかる印象があるかと思いますが、意外にそこまでイライラした体験もなく、あっさりと香港IDカードが入手できたと感じています。入境事務所に出向いてしまえば後は流れに沿っていくだけ。恐れるものは何もありません。

今回の香港IDカード取得体験記、少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

前後が逆になってしまいましたが、ワーキングホリデービザの申請体験も今後のTYAのインターン生のためにまとめていきたいと思いますので、乞うご期待!

 

#香港IDゲット #出嚟啦比卡超 #香港居民 #香港身份證  #灣仔 #移民局 #非永久性香港居民 #工作假日 #HKID #好簡單 #比美國簡單多 #實習生 #工作員 #入境事務處
#tya #hk #design #solution #upgrading #marketing #creative#advertising