未分類

自己表出に対する感覚の差異

わたしの今のルームメイトは韓国からきた女の子だ。彼女はメイクアップに1時間近くかけ、インスタグラムの投稿は自分1人の自撮りの割合が高いという典型的韓国女子のイメージを裏切らない。

そんな彼女のインスタグラムを見て最初はたじろいだ。こんなに自分に自信があるということを見せて恥ずかしくはないのだろうか。そもそもなんのために自撮りを毎週のように載せるのだろう?いいねがほしい?綺麗だということを拡散したい?他の友達曰く「暇だと自撮りする」ひともいるらしい。暇だったのだろうか。

以前ルームメイトが他人に撮ってもらった写真を見せながら「わたし、かわいく写ってる?」と真顔で聞いてきたこともあった。(返事はもちろん一択である。)その写真はのちにインスタグラムに投稿されていた。

自分の容姿に自信を持ち、それを恥じることなくむしろ積極的にアピールしていく姿勢は、日本ではなかなか受け入れられない。自意識過剰と言われるのではないかと周囲を気にするひと、自分なんて可愛くないしとかえって容姿に否定的になるひともいる。

香港人の自分写真文化も興味深い。

私の大学の寮では自治委員が中心となってイベントを企画し寮の方針決定に携わっている。そこで驚いたのは、何かの折につけ寮のガラス窓に自治委員の拡大写真が貼られることだ。

みな自信満々にポージングしている。

仮に、毎日拡大された二重アゴの自分と対面するとしたら恥晒しすぎる。ストレスで痩せるかもしれないが。

韓国も香港も自分の顔や容姿を恥らうことなく外に見せるという点では日本と大きく異なる。しかしこの二者の持つ背景は異なっているように感じる。韓国の場合、他者の目あっての自己表出なのだ。数名の韓国の友人と話していてわかったことだが、手をかけて美しくしなければならないという強迫観念にも似た風潮があり、その抗いがたい力によっていかに自分が皆と同等かそれ以上に美しくなっているかを、他人に認めてもらわなければならない。

一方香港の場合、自己表出に他人は関係ない。どちらかというとあまり他人の目を気にしない風潮のため、拡大された自分についてどう思われるかという自意識も薄いのだろう。

自撮りにかんして言えば、この二国に限らず多くの国のひとが好んでポストしている。男性が自分の顔の自撮りをポストすることも珍しくない。むしろ日本のほうが特殊なのかもしれない。最近は自分の写真を上げるひとも増えているが、食べ物や花など他のアイテムと共に写っていることがほとんどで、顔のみの自撮りはあまり見ない。アイテムを使わなければ自分を堂々とポストできないのだとしたら、そんな日本のほうが計算高い、あるいは歪んでいるのかもしれない。