TYA History未分類

TYA チャレンジの歴史 TYA History 3 ( JP/EN )

 TYA香港はこうして始まった
 小さなクリエイティブエージェンシーのTYAが90年代からアジア展開を行うことができたのには3つの大きな理由がありました。
①  家電など日本を代表する企業が海外の市場を意識しアジアにマーケティングセンターを移転し始めていた。
②  「アジアに出ておいでよ。仕事をあげるとは確約しないけどチャレンジするならドアはオープンできるよ」というお客様からのありがたい「引き」があったということ。
③  ファウンダーの吉見は70年代に米国に留学。海外進出のマインドがあった。またチャレンジ好きのスタッフが多かった。
 
そして何よりも、”海外であばれてやろう”、”挑戦してやろう”という気持ちがあったことも大きかったと言えます。
ありがたい「引き」をいただいたのは「エッジの効いたクリエイティブ」+「小回りの効くサービス」評価していただいたからであり、いつまでもTYAのDNAとして強く意識していかねばならないと思っています。
 
95年のシンガポールから3年。今度は香港でも挑戦してみませんかという「引き」をいただきました。
しばしの紆余曲折を経て、吉見は現香港オフィス代表の植木を起用することになります。
当時、植木は日系広告会社の上海勤務を経て香港に移って来ていました。
 
2人の出会いは数年前の日本に遡ります。
 
植木は当時勤めていた広告会社で英文カタログデザインの発注先を探していました。TYAは候補の一つでした。
ミーティングの席で初めてTYAのメンバーと対面した植木はその場で、この会社と仕事がしたい!と思ったそうです。
代表の吉見はなんと白髪交じりのモヒカン(!)。超美人の女性営業にスキニーなニュージーランド人デザイナー。
スーツにネクタイ揃いのその他候補に比べてぶっちぎりで目立っていました。更にこれまでに手がけてきた仕事もクールなものから繊細なものまで。
上司達はうさんくさがっていましたが、反対を押し切って大手家電会社のアジア・中近東市場向けの総合カタログ作りを一緒に手がけてもらうことにしました。
 
こうして吉見と植木の親交は始まりました。植木は間もなく転職し上海に働くことになりましたが、数年後、吉見から香港ブランチ開設についての相談があったことになります。”誰かいないかな?”、”僕がいるじゃないですか(笑)”と、話は進みます。エンジェル投資家のご厚意を得ることもできTYA香港はスタートを切ることになったのでした。
 
次回は香港オフィス立ち上げのこぼれ話を紹介していきたいと思います。
これから海外で起業したい皆さん、ぜひ感想をくださいね。ご期待ください!

______________________________________________________________________________________

 

There are 3 core points that the small creative agency TYA could expand its branches into oversea since 90’s.

1) It was the time for Japanese mega brands were glorying in their ascendancy in the foreign market, they started to set their branches in Asia.

2) “Why don’t you come to Asia? We cannot guaranty the business but we can give you chances if you wish.” One of our clients offers a great opportunity.

We should keep in mind that this was happened because of highly regarded skills of TYA such as the keen eye on creativity and the flexible services.

3)TYA founder Yoshimi had graduated American University in 70’s so he has very positive to expand his business into oversea.
In addition, there are many TYA staff who like to take any challenges.

Above all; there is full of very positive mind like “We should do something big in oversea” and passion.

After three years later from the opening of Singapore branch, we had received another opportunity to open a Hong Kong branch.

-How the TYA founder found the current CEO of TYA Hong Kong?
To look back their first meeting, it has to go back to a few years from 1998 in Japan.
At the time, the current CEO of TYA Hong Kong: Mr Ueki was looking for a design agency to make a catalogue in English for the oversea markets at the previous company. When he met TYA member first time, immediately he thought he would like to work with them. Interestingly, the TYA founder had the mohawk hairstyle at the time came along with a vivid portfolio, a very beautiful saleswoman and an ultra skinny designer from New Zealand. Without saying that they were so stood out from other ordinary creative agencies who just brought boring design works and wore the ordinary suits and ties.
Although other board members in Mr Ueki’s company were very sceptical about TYA, Mr Ueki decided to work with TYA with strong confidence.

So this was how they started to develop their partnership.
After a few years of the work, the TYA founder askedMr Ueki if there are any suitable person to operate the new Hong Kong branch. Mr Ueki had replied, “I am here for that.” Afterwards, they found an angel investor and finally, TYA Hong Kong had started to work on actual plans.

#tya #tyahk #asia #agency #marketing #design #motto #HongKong #HK  #professionals #challenge #newworld #capitalfund #ChallengingHistory