未分類

香港“ビーガンという生き方”VS日本“ヘルシーな私”(日・中)

誰もが一度は“何かを制限して自分を変える”経験をしたことがあると思います。例えば、受験に合格するために遊ぶ時間を制限して勉強するだとか、ダイエットをするために食事制限をする人も沢山います。特に、食事制限は世界中どこに行っても知られている制限方法の一つでしょう。ただ、興味深いことに、同じ“食事制限”であっても、香港と日本ではその制限内容とダイエットに対する考え方が全く違っていました。

誰都有過想要通過自律來改變自己的經驗吧。比如為了通過考試而限制遊戲時間好好學習,或是為了減肥而控制飲食之類的。尤其是控制飲食這個做法現在更是風靡全世界。可是在節食減肥方面,日本人和香港人的思考方式卻完全不同。

日本ではダイエットとなると、自分自身が健康的に痩せることが目的であり、糖質制限などのダイエッタリーに興味が置かれるのではないでしょうか。自分がどれだけ痩せたかがゴールであるため、いかに自分自身と向き合えるかが重要になってくるでしょう。コンビニや飲食店に行けば、必ずと言っていいほど、「糖質オフ」の表記が見られ、麺やパンなどの炭水化物カットした代用食品が続き付きと開発されています。この背景には、糖質制限を取り入れたメソッドで有名なライザップがブームを引き起こしたのかもしれません。ただ、糖質オフだけでなく、コンビニではサラダチキン、サラダ、ブランパンなど一般的に健康に良いとされる商品が揃っているのが日本の現状です。

在日本提起控制飲食,大多通過限制糖攝入量來達到健康和瘦身的目的,是非常個人的目標。如果去日本的便利店或餐廳,經常能見到 “無糖”的標記,以及麵類、麵包等碳水化合物的代替物,掀起控糖熱潮。不止無糖,便利店還常擺放著雞肉沙拉、蔬菜沙拉和麥麩麵包等一般對健康有益的商品。

一方、香港では“ビーガン”や“ベジタリアン”といった言葉を頻繁に聞くようになりました。最近では、点心だけでなく、ファーストフード店からおしゃれなカフェまで“ベジタリアン”表記がされているメニューが多く、その多くはお肉を制限して、大豆やキノコを使用した代用肉を扱かった料理になっています。

另一方面,在香港卻經常聽到人們頻繁議論 “素食” 、“素食主義”等。最近,不僅是點心店,一些快餐店或時尚咖啡廳都開始提供素食菜單,通常是用豆製品或菌菇類來代替肉類的使用。

引用:Pure veggie dimsum , mana

ビーガンになる理由は?

成為素食主義者的理由是?

ビーガンの友人がよく言うのは、「地球に優しいから」ということでした。例えば、畜産は車よりも多くの温室効果ガスを排出し、森林伐採の主要因ともなっているため、「お肉の消費を減らす」ことは地球温暖化阻止に欠かせないと考える人も多いようです。また、動物愛護的な思想、動物性食材に含まれる発ガン性物質が健康に悪いと言う人も少なくはないです。こうした、気候変動や動物の処遇への懸念から、食生活を通して「社会貢献」や「自分の生き方」をあらわすビーガニズムを選んでいるため、毎回ビーガンの話題になると、「ビーガンってかっこいいじゃん」ともなるわけです。

很多素食者的朋友們給出的答案是“環保”。比如,有些人認為牲畜飼養造成的污染超過汽車廢氣,成為森林消失的主要原因。為了減慢全球暖化的進程,減少肉類消費也是很重要的方法。另外,也有不少人是出於保護動物的想法,或是認為肉類食材所含有的致癌物質會有害健康等等。因為關心氣候變化和動物生存環境等問題,素食者希望通過改變自身的飲食習慣,來服務社會,實現自我價值,這也解釋了為什麼每當涉及素食主義的話題,大家就會一陣好評的原因了。

このように、同じ食事制限であっても、香港と日本では、健康に対する考え方だけでなく、ダイエットとの向き合い方に違いがあり、社会が個人に与える影響が大きく、純粋に面白いと感じました。みなさんは「地球」と「人間」との関わり方から自己のダイエットのあり方を見出す香港のビーガンたちと「自己」に集中した日本のダイエットのあり方についてどう考えますか?

對於控制飲食這同一話題,日本和香港對健康飲食和減肥瘦身的思考方式卻有所不同。社會環境十分影響個人思維方式,香港的素食者們更多考慮的是“地球環境於人類行為的關係”,而日本的節食瘦身者則更多集中在“自我健康”上,大家對這兩者又有什麼不同看法呢?