未分類

「え、そ、そんな言い方しなくても、、、」

~香港人女性の言葉にグサッときたあなた~

国が違えば人も違う。郷に入れば郷に従えという言葉がありますが、実際に言葉や文化が大きく異なる海外の人たちと仲良くなるのは簡単ではありません。僕も何回も「グサッ!グサグサグサー!」となって満身創痍です。今回はそんな僕が、香港人の女性と上手にお付き合いするための心得を簡単にまとめてみました!

 

日本人は過保護に育った?香港人の対応にタジタジ。

 

はじめて香港を訪れた日本人観光客が、まず必ず驚くのが、店員の雑で冷たい接客…というのはよく聞くお話です。店員が聞き取れないことがあったり、こちらからの質問を受けるとすぐに「あぁ!?」と聞き返してきます。これで8割型絶望的な気持ちになり、店を立ち去りたい気持ちになります。なんともおそろしい、、。

しかし香港人にとってはそれが自然な返答なのです。慣れるしかありません。しかも、このような違いはほんの一面で、もう少し長く香港に滞在すると様々な興味深い香港人の一面が見えてきます。その一つに、「香港人女性も感情表現がストレートではっきりしている」という事です。

 

香港人の女性は高速直球を投げてくる。

 

日本人男子である僕が「グサッときた」のは接客対応などだけではありません。それは、香港人女性の「ストレートすぎる」物言い…。

 

例えば、これは私の香港人の友達の話ですが、彼はある日床屋に行って、今までとは違うヘアスタイルに挑戦したそうです。その時に彼は香港人の、特に親しい関係でもない女性の友達から、”ugly!”つまり「ダッサ!格好悪っ!」と直接言われたそうです。


友人はそのコメントは1つの意見として受け止めて、特に気にしなかったそうですが…

「……そいつはキツィ」

 

もし僕がヘアスタイルを変えた時に、女性にそのような事を直接、しかもそんなにストレートに言われたらとっっっても残念な気持ちになり、傷つくと思います。僕の中では、男同士で「お前の髪型だっせー!」と言われるのと女性に「ダッサ!格好悪っ!」と言われるのは意味が全く違ってきます。

 

そこで日本では、どんなにお互い仲がよくても、とりわけ男女間で、相手に直接言うべきではない「暗黙の了解」のようなものがあると改めて気付かされました。

例えば、異性の友達が服装や髪型を変えたとしましょう。それが例え本人にあまり似合っていなかったとしても、それを直接本人に伝えることは、あまりないでしょう。なぜなら日本ではそれぞれの性別で、例え仲がよくても、ある程度の侵されない領域のようなものがあって、そこに触れてしまうと「男子にこんなこと言われた~」「女子なのにこんな事言うのか~」と、逆に言った方がデリカシーがない、思いやりがない、と、株が下がってしまうからです。

 


女性も男性も、同じ責任を担っている。

 

このような香港人の男女の振舞いの背景には、香港での女性の社会進出が影響しているのかもしれません。香港では、お金持ちだけなく、中流階級の家庭でも外国人家政婦が広く受け入れられています。フィリピンやインドネシアなどから来る外国人家政婦は家事だけでなく、子供のお世話もしてくれます。

 

彼女たちの存在のおかげで、香港の女性は「キャリアと育児どちらを取るのか?」という悩みから解放され、出産後も働き続けられる環境にあります。したがって香港では、女性も男性と同じように仕事をし、家族を共に養っていくという意識が高いのです。

このような「男女平等・責任の共有」の考えを男女お互いが共有していることが、香港人女性のストレートな感情表現につながっているのかもしれません。

 

女性と上手に関わるのは、いつだってジェントルマン。

 

男性としては、女性と関わる機会があるときはもちろん大前提として、礼儀正しく、かつ優しく「ジェントルに」接することが大事ですが、これは香港では日本にいるときよりも、特に気をつけたいポイントです。

香港の女性たちの前では「分かってくれるだろう」という日本人的な受け身の姿勢でなく、彼女たちがそうするように、率直に自分の思っている事を伝えたいところです。香港の友人関係では、日本のように異性だからという理由で建前的な気遣いをする意味もあまりありません。

 

そしてこちらの気遣いを具体的に伝えるためにも、ジェントルマンとしての能動的な振る舞いが大切なのではないでしょうか。

 

まとめ

相手と上手に付き合っていくうえで気を遣う事はとても大切ですが、香港人の異性というフィルターを意識しすぎず「人」としてフラットに付き合う、というメンタリティーに触れ、自らの人間関係を見直すきっかけになりました。

魅力的なジェントルマンを目指そうと思います!

* 写真は全てフリー素材からです。*

#ジェントルマンですが #️満身創痍#痛みを知って成長する奴#ジェントルウーマンはどこ