未分類

それじゃ、Snapchatでいっちょ広告を…

その前に、念のためにSnapchatのおさらい。

 

スナップチャットとは写真が消えて自動的に消滅する写真やショートビデオの送れるSNSアプリです。より当事者間のコミュニケーションに特化したアプリと言えます。

開発者が友人が写真を送ったあとで「送信した後からでも写真が消えてくれたらいいのに!」と後悔しているのを見て開発が進められました。

開発者がスタンフォード大学卒業ボビー・マーフィー(29歳)とエヴァン・スピーゲル(27歳)であることも、Facebookに買収されなかったことも若者達の信頼を固めたポイントかもしれません。

 

“どうして若者に人気なの?” 

 

そもそも、若者たちは大人たちの世界にうんざり…。リアルな関係の中でも、偽物のつながりや表面上の付き合いに疲れています。なので、SNSでは、何人かの距離の近い友達とだけしか繋がりたくない。そしてその友達と「特別な瞬間」や「ちょっとした日常」を「シェア」してより意味のある、深いつながりを作りたいのです。

広告や企業のニュースなどは、もちろん興味がありません。FacebookやInstagramよりもダイレクトに、邪魔されることなく快適にこの「友達とのコミュニケーション」を楽しめるのがお気に入りの主な理由なわけです。(詳しくは前回のブログを参照してくださいね!)

 

 

香港はアジアの中で1番のSnapchatユーザーを抱えています。しかし、storyをInstagramとFacebookにコピーされて以来、その優位性は失われつつあります。

エージェンシーのドイチュ(Deutsch)社でソーシャル/エディトリアル・ストラテジー部門のディレクターを努めるダニエル・ジョンセン・カー氏は「どちらを選ぶかは、クライアントが獲得しようとしているオーディエンスによって決まる」と述べています

 

では、Snapchat上で企業はアプローチは不可能?

 

とはいえご安心ください。Snapchatでも企業側からユーザーにアプローチすることも可能です!しかし!

実はSnapchat、香港ではまだあまり広告は活用されていません。

なんでも過去1年ではほとんど広告を見なかったのが、最近では友達のストーリーを見るときに週に1−2回ポップアップ広告を見かけるようになった程度とのこと。これはSNAP ADSと呼ばれていて、イメージとしてはYouTubeの最初に出る広告のイメージに近いものですが特定の国や地域ではゲームが楽しめる広告もできます。

香港で見かける殆どの広告はすぐにスキップ可能なので友人は1−2秒見たら速攻でスキップしているようで、ミニマムの広告費は1ヶ月1000ドル(約11万円)から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*最近見かけた広告!*

 

海外では積極的に活用されている「SPONSORED LENSES(顔認識ステッカー)」を使ったプロモーションもアジアではまだ活用できない状態です。

それもそのはず、この「ステッカー」を使ったプロモーションそれもそのはず、実はこのアプローチは下記の限られた国でしか利用できません。残念!

また、その金額はオフィシャルサイトによれば「ブランドストーリー」と呼ばれる30秒間の動画広告は最低75万ドル(約8,211万円)。「ライブストーリー」の中にポップアップを出すのは、およそ25万ドル(約2,737万円)かかるとか。ユーザー数では確実にInstagramに追い抜かれたSnapchatですが、特定のユーザー層を擁護するプラットフォームとして強気の姿勢のようです。

 

香港では使えないのが悔しい!!
位置情報を利用したGeofiltersがおもしろい!

 

GPSを利用した機能で特定の場所にいるユーザーにその場所のステッカーを提供して使ってもらう手もあります。例えば、ここTYAオフィスでGeofiltersを見てみると……。

 

 

 

 

 

 

こんな感じで銅鑼湾であったり、香港というステッカーが利用できます。なので、街の名前ではなくても、特定の場所を指定して、オリジナルのステッカーを提供することもできます。例えば、特定のホテルなどはオリジナルのGeofiltersを作って宿泊者に利用してもらって拡散を狙います。

これが面白いのは、ユーザーが自分専用のステッカーを作れる所。エリアを絞ってデザインをアップすれば、最低5ドルからこの機能を利用できます。

 

Snapchatは実は、こんな拡張性の高い機能も持つアプリだったのです。早く香港でも使えるようになってほしいものですね…。

 

実際バズった成功例。

 

Snapchatは完成度の高いARステッカーやスタンプが豊富で、メッセージを受け取った時にワクワクした感覚があり、とても人気です。Snapchatを使ったマーケティングの成功例で有名なのは、例えば大きな成功を収めたGatoradeのキャンペーン「The Super Bowl Dunk」は、世界中で約1.6億回のインプレッション(表示回数)、約800万人がゲータレードシャワー(頭からGatoradeを浴びること)の動画を投稿して、驚異的なバズとなりました。

このキャンペーンを要約すると、実際にNFLの選手たちが体験している「ゲータレードシャワー」をSnapchatアプリ内のARで体験でき、友達とシェアできるというものです

 

まとめ:ユーザーに拡散してもらうのが一番いい。

 

 

繰り返しになりますが、Snapchatはティンエージャーに人気のアプリ。

割り込んでくるような強引な広告やプロモーションなどは嫌われる一方です。

彼らが “「友達と新しくて面白い体験」や「ファッショナブルなステッカー」などで「楽しい瞬間」を共有したがっている” という心理を理解し、彼らの欲求を満たせるようなアプローチをすれば、自然とユーザー同士での共有・拡散が拡がっていくでしょう。

押し付けて売りに行く、という姿勢より、彼らの目線に寄り添って、どうすればプロモーションを一緒に楽しめるか考えたほうが近道になりそうですね。

しかし、残念なのはSnapchatは香港のみならず、アジアでまだまだ利用制限があること。

そして、やはりネックはその広告費の高さ。Snapchatも運営費のやりくりに苦心しているそうですが、そうであればますますその敷居の高さをもう少し低くしていただきたいものですね。

これからの動向に注目したいと思います。

#逃げる若者#追うマーケッター#アジア制覇はいつ