未分類

ヤクルト香港様50周年記念パーティ(JP/EG/CAN)

香港益力多50周年晚宴!

益力多陪伴香港人成長50年啦!喺1968年,香港仲發展緊嘅時候,益力多就已率先進軍香港,守護港人健康。到今時今日,每日有成幾百萬樽益力多出廠上架,同全港七百萬人見面㗎。喺9月29日,香港益力多就舉辦咗50周年晚宴,而我哋TYA就從活動企劃、執行、會場佈置、演出節目安排、客人接待,到商標設計以及宣傳片製作等,都全程落手落腳參與㗎!

等我哋一齊聽吓,同時並用日文同廣東話嚟幫手搞呢嗰 event 嘅TYA成員Charlotte,有啲咩感想先!

「如果要揀一個 term 嚟總結成件事嘅話,我會話喺『文化接觸』。

雖然平時响TYA,每日都已經聯合國咁款 —— 同事 intern 仲有我哋啲客,基本喺嚟自五湖四海,但响今次呢嗰 project 仍然受到唔少文化衝擊。

除咗大家都知嘅,跟日本人合作嗰陣一定會更加注重細節呢點之外(亦都託賴呢點,成嗰 event 喺超級準時咁結束),仲有一啲好有趣嘅例子。譬如我哋周不時都會跟香港益力多高層講,『醒獅點睛唔同日本嘅達磨㗎,你要點晒兩隻眼㗎,唔好淨喺畫一隻眼呀』。

所以响成嗰參與過程入面,嗰腦就會成日都諗起兩句老生常談嘅金句:『唔好當正啲嘢喺老馮』,以及『大膽質疑小心求證』。可以參與到呢種咁特別嘅旅程,喺開心嘅。」

响活動接近尾聲時,益力多嘅總經理特別提起我哋TYA,真喺「全員感無量」!臨走嗰陣,TYA成員仲同益力多嘅負責職員攬埋一舊,真喺好滾動!

香港益力多50歲生日快樂!要繼續等我哋香港人每日都有益力多飲!

香港の人々に愛されて50年!香港がまだ発展途上にあった1968年よりヤクルトは香港の人々の健康作りに貢献してきました。今では人口700万強の香港で毎日何百万本のヤクルトが出荷されています。9月29日。その栄えある50周年記念パーティ。TYAはイベントの企画、進行、会場作り、出し物コーディネート、受付、印、記念ムービー制作など、全般に渡ってお手伝いしました。

日本語と広東語を駆使してイベントの進行を円滑に運んでくれた弊社のシャーロットにその時の様子を聞いてみました!

「私にとって、このイベントに参加した感想は一言で言うと『多文化交流』だったと思います。もちろんTYAにいる時も、日本人の同僚やインターン、地元香港生まれのスタッフや海外からのお客様など、日常的な多文化交流のチャンスが多かったので、このプロジェクトで改めて大きなカルチャーショックやチャレンジがありました。

日本人と一緒に働くと、やはり細かいことにこだわり過ぎるというイーメジがあります。そしてそれはやはり嘘ではありません。(笑)でも香港人である私にとっては、時間通りに効率よく仕事をこなせるので、いいことだと思えます。これだけではなく、他に面白いエピソードとしては、中国の伝統芸能の一つである獅子舞の『ライオン』に黒目を書き入れる時には、ヤクルトの担当様に日本の『だるま』とは違って両目を一緒に書き入れる伝統があることをお伝えしました。

このイベントを通して、伝統的な道徳観を二つ思い出しました。何もかも当然だと思うべきではないこと。それから、よく質問して勉強することです。こんな素敵なイベントに参加できて大変感謝したいと思います。」

イベントのクロージングでは総経理よりTYAへに格別の言葉をいただき、全員感無量。また、撤収の際には担当者様と抱き合って労をねぎらうことが出来、大変に光栄なプロジェクトになりました。

ヤクルト香港様、50周年本当におめでとうございます!これからも香港の人々の健康を守ってください!

From 1968 when Hong Kong was still in its way of development, Yakult has already come to this land and been devoting a lot to the locals’ health improvement. Being strongly loved and welcomed by HK people for 50 years, Yakult now daily delivers millions of their products to HK.

On Sep 29th, to celebrate this gorgeous 50th anniversary of Yakult,we TYA got the great honour to participate and support during the whole process from the event planning, execution, venue arrangement, coordination of entertaining activities, guest reception to the design of presenting logos and movies.

Lets check how TYA member Charlotte felt when using both Japanese and Cantonese to ensure this event going smoothly!

「If I am to conclude this whole journey in one term, “intercultural communication” would be my pick.

While being in TYA HK, we do get involved into cross-cultural interaction already —with all our colleagues, interns, as well as other clients from all walks of life, local or overseas— on a daily basis, the cultural challenges coming from this project is still in an overwhelming amount.

Other than paying minute attention to details, a typically anticipated chore when collaborating with Japanese (which is good actually, as this made it possible to complete the rundown sharp on time), the fact that we had been reminding Yakult HK’s management staff from time to time, that they shall dot both of the lion’s eyes during the lion-awakening ritual, instead of just one eye like in Daruma doll’s case, should explain well how all these challenges had emerged from.

Hence throughout the entire journey did I always recall two good old morals: not to take things granted, and question everything to learn something. Definitely grateful to have gone through this one of a kind experience.」

At the end of the event, the general manager gave TYA members a special comment saying that your spirit of teamwork as a whole is so powerful. Also, after event all the staffs in charge enjoyed a great time together. This is such a highly honours project!

Happy 50th anniversary, Yakult HK!