未分類

香港の残飯事情

香港に来てから、香港人の友人とご飯によく行くようになりました。

そこで、食事後に私が特に気になって仕方ないのが、友人を含め周りの人が何の罪悪感なしに大量の食べ物を残し捨てていることです。

日本で生まれ育った私にとって、何かまだ食べれる物・使える物をすぐに捨ててしまうことはとても

「もったいない!」

香港政府によると、香港での一年の食品廃棄量は約1,300万トン超え。人口の約13倍ある日本の食品廃棄量、1,700万トンとさほど変わりません。香港での食品廃棄物の割合はなんと全体の固形ゴミの4割ほどとなっています。

食べ物を残すことにあまり違和感を感じない彼らには、中華圏の独特な文化が理由の一つとしてあげられるそう。中華圏の人々は、お客さまを招く時に食事を多めに出す習慣があるため、食べ残しが多いようです。私も、広州にある祖父母の家に帰ると、親戚たちと多い時は朝昼晩、飲茶(yum cha)して大きな丸いテーブルいっぱいに乗せきれないほどの食べ物を並べていた記憶があります。

しかし、香港では食べ残しを包んで持って帰ること「打包」(da bao)が日本よりもずっと気軽なのは良い所です。

土地の限られた香港ではゴミ処理方法が現在政府の重要課題の一つとなっています。香港政府は食べ残しに対する市民への教育とプロモーションに力を入れているようです。 香港の人々がもっと食べ物を大事にして、香港の素敵な食文化を守っていけたら嬉しいと思います。

 

<資料>
日本は香港の約17倍の人口
香港 一年の食品廃棄量:約1,394万トン(2015)

 

全体のゴミの4割ほど
外食廃棄物:292万トン(3割ほど)
家庭ゴミ:803万トン
https://www.wastereduction.gov.hk/sites/default/files/msw2015.pdf
http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=9102#.WTjssRPyjsF
http://www.epd.gov.hk/epd/english/environmentinhk/waste/prob_solutions/food_waste_challenge.html
日本 一年の食品廃棄量:約1,713万トン(2010)

 

全体のゴミの4割ほど
事業系廃棄物:614万トン(3.5割ほど)
家庭系廃棄物:1072万トン
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf_data/131028_sanko2-5.pdf
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/syokuhin_loss/