未分類

TYA香港での活動を振り返って( JP/EN )

ひとの心をどのように動かしていくのか、ということを考えさせられた。

これまで大学の学問分野では、物事をいかに論理的に、順を追って説明するかということが大切だった。レポートは教授が読んでくれるので、論理が正しく興味深いものであればいい。授業でのプレゼンは内容に興味のあるクラスのひとが聞くものだから、基礎知識のある相手に内容が伝わりさえすればいい。学生の立場からすれば最終目的は成績なのだから、いかに(時間をかけすぎず)ほどほど及第点のものを作るかという目線になり、みな似たり寄ったりのものになる。

ものごとを論理的に思考し伝える能力は、円滑なコミュニケーションやプロジェクトの詳細を詰めるにあたってとても重要であり、必要な訓練だと思う。しかし同時に、これまで自分が軽視しがちであった「印象」「感情」というものが実社会で人間にいかに強い影響を及ぼしているかということに気づかされた。学問分野とマーケティングでは、モノの見せ方に対する態度がまったく異なるのだ。データや知識に基づいて論理的に構成を作りつつも、いかに本来興味のない相手を直感的に惹きつけるかという答えのない課題に応えなければいけない。

同じ業種の企業サイトを比較することで、もっとこうすれば魅力的になる、などアイデアは浮かんでも、それは二番煎じにすぎない。新たな価値やおもしろさを生み出すことはもっと複合的だ。

マーケティング戦略だけでなくそのアウトプットとしての広告・デザインを手がけるTYAに身をおくことで、多くの文字で説明的に伝えるのではなく、相手にすっと入る簡潔さと明快さが大事というスタンスに初めて触れた。これは自分にとって非常に重要な示唆だった。受け手のことを考えるならば、理解しやすいに越したことはないのだ。論理的だから、興味深い内容だから読んでもらえるだろうという姿勢はある種甘えであり、立ち行かない。

任意のリサーチ結果をその方針に沿ってまとめていくうちに、自分なりの魅せ方と説明の仕方が僅かながらわかってきた気がする。そしてその作業は決してアートセンスを求められる難しい作業ではなく、相手を楽しませるための下準備なのだ。

デザインは、一部のアートセンスある人間が能力を見せる場ではけっしてなく、もっと日常的な場面で、相手のことを考えぬいてどうコミュニケーションしていくかという手段であると気づけた。

ほかにもさまざまな気づきがあり、この会社を通じて香港・社会と繋がることができてよかったと感じている。

二ヶ月間、ありがとうございました。

____________________________________________________________

My looking back on the work of TYA HK

Through my volunteering in TYA, I always think how to move people’s heart.

In the academic field, it’s more important to explain things logically step by step. Professors give us good grade to a logical and interesting paper. When we do a presentation in the class, it’s not necessary to make a stylish presentation as classmates have prerequisite knowledge. The final purpose of students is a grade. For them, it’s better to make the moderate presentation without spending much time. This mindset creates nearly the same quality of presentation of the students.

The ability to think and tell ideas logically is necessary to have smooth communication with coworkers or decide the details of a project.

However, I notice “impression” and “emotion” ( both I relatively neglected) take really an important role in the society. They strongly affect people’s behaviour. The way of showing ideas is totally different between academic field and marketing.

In marketing field, we create the strategy based on the data and knowledge but on the other hand, we also have to deal with a no answer question how to attract people instinctively who don’t have any interest in the product.

If we compare several websites which are in the same industry, we could get some ideas to make our website better, but there would be nothing very new. Creating new value or attractive point is more complex work.

TYA participates not only in a marketing strategy but also in an advertising design as an output of marketing. This is the first time for me to face the presentation attitude that simple and clear explanation is preferable than the long description by sentences. It is easier for recipients to understand quickly.

This attitude is really an important suggestion for me. Putting myself in recipient’s shoes, the easier the better. We should stop instantly thinking that logical or interesting contents should be certainly accepted.

Through the task in TYA, I gradually get how to show and explain contents better. This process is not a difficult work with special art sense but a preparation to entertain people.

The design is not a showcase to appeal artistic ability of few people. I have noticed that design is a way of communication in daily life based on the “recipient first” thought.

I am glad that I could learn all of this in TYA Hong Kong and have a connection with Hong Kong society.

Thank you so much.