未分類

TYA チャレンジの歴史 TYA History 5 ( JP/EN )

スタートからいい感じで波に乗る。
おかげさまで順調に増え続ける仕事。
でもオーバータイムやオーバーナイトでだんだん疲れがたまってきます。
みんなの不満もたまってきます。ギスギスします。
仕事はいただけているのに、こなすのが大変になってしまう。
クリエイティブ産業にはありがちだとか、日本では当たり前と言ってしまうとそれまで。
実は考えが浅かったり、力が及んでいなかったりが最大の理由。そして。

<2000年には3ヶ月の内に6人が辞めていきました。>
(コンサルができるレベル)

ブラックでした。
月日が経つ内に荒波に揉まれたり、日照りが続く事もあります。

<2001年にはITバブルが崩壊。>

<2003年にはあのSARSが香港を襲いました。>

<2007年には日本のハイテク商品が店頭に並ばなくなります。>


<2010年を過ぎると爆買い、不動産高騰、軋轢が起こり始め、>


<2015年には香港のティーン100人の中で日本文化にあこがれている人がゼロになる>

人材の流動性が高い香港にあって手探りで異文化マネジメントを行います。

コミュニケーションの形がものすごいスピードで変わっていきます。
めまぐるしい変化に対応していくのはとてもエキサイティングな体験です。時々めまいにおそわれますけれど。

新たにアジアに展開される企業さんも多くなって来ました。

一方でアジアで長くでがんばっている方々もたくさんいらっしゃいます。
みなさんにエールをお送りします。

TYAも転がり続けます。チャレンジの好きな人がいたら、ぜひ一緒にやりましょう。

これからどんどんエキサイティングになっていくので。

________________________________

 

We have started our business with good luck from the beginning and smoothly increasing the volume of the work.

 

However, we had to go through some difficulties such as overworks and overnights.
The staff gradually stressed out under the intensive condition and the atmosphere in the office had deteriorated.

 

Perhaps this issue would be common in the creative industry, or in Japan generally but the real problem, at the time, was that TYA Hong Kong did not have the clear mindset and method to the cross-cultural management.

< In 2000, 6people had quitted within 3months>
This experience could be useful for other companies who have the similar problem.
Sometimes we have some bad days in our long life…

<In 2001, IT bubble had bloken>


<In 2003, SARS had hit to Hong Kong>


<In 2007, No more Japanese high-tech products were popular in Hong Kong >


<After 2010, Chinese people started shopping spree,

and real estate soaring>

<After 2015, According to a survey, no one in the 100 of teenagers in HK is looking up to Japan>

We still have been learning how to organise cross-cultural management in our office with the tendency of the high liquidity of labour in HK.

Although the shape of communication has been changing in both in the daily life and in the business market dramatically and quickly, It is very exciting to work in such dynamic era.


We would like to send the yell to the both companies who expanding the business into Asia and who working in Asia from a long time ago.


TYA Hong Kong also rolls our business. Roll and Roll….

Let’s work together If anyone has a passionate motivation to work in the different culture at a dizzy speed.

We believe it would be more exciting exploring in the “every day is brand new” business world and gain new muscles and wisdom for the new needs.

 


#アジアへ #みんながんばれ #joinus #yelltoAsia
#tya #hk #design #solution #upgrading #marketing #creative #advertising