未分類

香港に来て、もっと世界を知りたくなった

昔のえらい人たちは、外の世界を何も知らない人のことを「井の中の蛙、大海を知らず」とうまく表現しました。狭い見識や環境の中で過ごすしていると、外のことを何も知らないままになってしまうという意味のことわざです。昔の人はすごいですよね。
 

そして、今回の僕のインターンはまさに「井の中の蛙、大海を知らず」だったように思います。それは決してネガティブな意味ではありません。外の世界を初めてこの目で見たことで自分の無知を初めて痛感し、このまま井の中で過ごしていてはいけないと気づかせてくれました。

TYAで1ヶ月半インターンをさせていただいて感じたことが3つあります。

 

①自分の常識は相手の非常識

 

すごく当たり前のことなのですが、これはインターンを通して改めて強く感じたことのひとつです。日本と香港の間には文化・ビジネスのどちらにも大きな違いがあります。例えば先日ブログでも書かせていただいた香港はなんでも速いということやマクドナルドでは自分の食べたトレーは元に戻さないなど、日本ではありえないことが香港では常識だったりするのです。お互いの常識をぶつけ合わないことが、お互いにとってより良い関係を作ることができることを身をもって実感しました。

 

②ビジネスは大きく変化しようとしている

 

TYAでインターンをする前、自分はここで広告マーケティングをするんだと思ってオフィスにやってきたことを覚えています。しかし最初に飛び込んできた話は「今までの広告からTYAは変わらなければいけない」ということ。最初は理解するのに時間がかかりました。広告マーケティングでTYAでできることを探そうとしていた自分とビジネスの現場で起こっている現実とのギャップ。しかし、時間を重ねるごとに広告に限らず多くの業界が変化しようとしていることに気づきました。変化の激しい社会の最先端でビジネスをしている場所で過ごさなければこの現実には気づけなかったと思います。

 

③香港と日本への理解が深まった

 

50日間を香港で過ごして、香港の現状を以前よりもたくさん実際に見ることができました。政治的にも経済的にも不安定なこの場所で、それでも負けじと前を向いてなんとかしようとしている人たちが香港にはたくさんいました。日本も今後世界と戦っていく上で、アジアをはじめとするこれらの危機感を理解しなければいけないし、そのためにはもっと行動することが必要なんだなと思いました。

 

この3つに共通して言えることは「もっと世界を知らなければいけない」ということです。無知のままでは、取り残されてしまいます。植木さんとお話している中で「明日、明後日、その先の未来の正解を理解している人は誰もいない。けれども正解のためのヒントはそこらじゅうに転がっている」ということを言われていたのがとても印象に残っています。自分の考え方だけで生きるのではなく、物事の表側だけを見るのではなく、相手の考え方を理解し、物事の裏側に隠されているメッセージを読み取れるだけの感覚をこれから身につけることが必要なのです。井の中から出てきて、大海を飛び回る蛙になりたいと思いました。もちろんただ飛び回るだけの蛙にならないように井の中での勉強も必要ですが。笑

 

最後に、このインターンで多くの経験と多くのいろんな方々と関わることができました。この期間で自分から何かを還元することは多くなかったと思いますが、これから還元させていただくためのチャンスをもらったと考えています。そんな全ての方々への感謝の気持ちを込めて、今回の文章を締めさせていただきます。ありがとうございました。

#香港と日本 #自分の常識は相手の非常識 #ビジネスの変化 #ありがとう香港 


_______________________________________________________________

In Japan, there is a proverb called ‘’The frog in the well knows nothing of the great ocean.’’ It’s used when a person who doesn’t know outside of the world because of staying in the comfort zone.

 

Through this internship, I realized that I was exactly ’The frog in the well knows nothing of the great ocean.’’ However, it wasn’t negative at all. Why? Because this is my first experience living in outside of Japan! It’s no wonder that I didn’t know anything about the outside. Therefore, my view was significantly changed by this experience.

I have 3 points that I want to share from the TYA internship.

1. My common sense is not common sense for others.

 

Although this is normal, I realized that I often forget about the fact. There is the huge difference in cultural backgrounds, business manors between Hong Kong and Japan. A general thing in Hong Kong sometime not general in Japan. What most important is that don’t force one’s common sense in other places. I keep in my mind when I try to make a good relationship with foreigners.

 

2.The fast-changing business environments  

 

I remember so vivid that I’ve assumed that I’ll be working typical “Advertising marketing” at TYA. However, the actual work was different from my expectation. They said to me that TYA needs to change from traditional advertising company to new digital creative agency. In the beginning, I couldn’t understand well what the meaning of it. But after spending some time in TYA, I’ve started to know that many companies and businesses are changing. After I understood this situation, I’ve started to develop my curiosity how they change and where they are heading. I wouldn’t be able to reach at this point if I didn’t work in rapidly evolving TYA.

3. Understanding Hong Kong and Japan much more than before

 

Through my stay, I was able to understand Hong Kong more than before. Although Hong Kong is economically and politically unstable, people in Hong Kong are fighting for their better lives so hard.

I strongly think Japan should see this situation seriously and take more actions in the world.

 

I found one common aspect on the 3 I have written above. It is that I have to know the world better. An ignorant person will be ignored by the upcoming world quickly. Mr Ueki told me  “Even though nobody knows what happening tomorrow and the correct way of carrying out in business, there are many hints which we can refer to direct ourselves.”

 

Rather than just living in my narrow view, not just looking at the front side of the things, it is necessary to understand the way people think and understand the message that is hidden behind things to survive today. I shall come out from the small world and be a frog jumping around the ocean!

 

To sums up, I appreciate TYA who gave me this fruitful internship and thank all the people those who have supported me!

See you soon again soon in Hong Kong!!